不動産鑑定士とは?

ひとことで言えば「不動産の適正価格を決める専門家」です。不動産鑑定士は司法試験・公認会計士試験と伴に三大国家試験と言われる試験に合格し、国家がその専門性を認める不動産のエキスパートです。
 その業務内容は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定することから、不動産の価格についてだけでなく、不動産の適正な利用について判断を行う専門家でもあります。
 その活躍分野は多岐に亘り、(1)地価公示、地価調査、相続税標準地等の評価、(2)公共用地買収等に関する資産評価、(3)賃料改定や相続等に伴う訴訟案件の評価、(4)破産、会社更生等に伴う資産評価、(5)競売物件の評価等の公的評価だけでなく、(6)担保物件評価、(7)一般的な不動産売買に当たっての参考資料としての価格評価、(8)現物出資、企業会計上の必要による資産評価等も挙げられます。
 さらに、鑑定評価業務だけでなく、コンサルティング、デュー ・ デリジェンス(物件精査業務)、さらには、土地開発 ・ 街作り等その活躍の場は広がりを見せています。


 業務内容


 1.土地、建物、マンションの価格の評価

 2.宅地見込地、農地の評価

 3.借地権、底地、借家権の評価

 4.賃料(家賃・地代)の評価

 5.民事再生等の特定価格の評価・争訟等の賃料(家賃・地代)の評価

●最近の民事再生等の評価

依頼目的 用途 所在地 価格時点
私的整理 病院 京都市左京区 H17・11
民事再生 工場 京都市南区 H18・4
民事再生 工場 山梨県中央市 H18・10
民事再生 工場 大阪府東大阪市 H18・12
民事再生 ゴルフ場 広島県 H19・7
会社分割 スロット店 兵庫県高砂市 H19・10
私的整理 店舗ビル 大阪市天王寺区 H19・12
民事再生 店舗・事務所 大阪府枚方市 H20・6
民事再生 工場 兵庫県西宮市 H20・7
私的整理 工場・倉庫 大阪府河内長野市 H20・9


●最近の争訟等の賃料(家賃・地代)の評価

依頼者 類型 所在地 価格時点
大阪地裁 継続家賃 大阪府東大阪市 H19.8、H20.2
法人 継続家賃 大阪市鶴見区 H20.7
弁護士 新規家賃 大阪府東大阪市 H20.1
法人 継続家賃 神奈川県横須賀市 H18.7
大阪地裁 継続家賃 大阪市西区 H16.9
大阪地裁 継続地代 大阪府高槻市 H20.4
大阪地裁 新規地代
継続地代
大阪市港区 H19.4
H12.4、H15.4、H19.4
弁護士 継続地代 大阪府吹田市 H20.8
大阪地裁 新規地代 大阪市東住吉区 H19.1
弁護士 新規地代 滋賀県大津市 H17.5